ライフステージメソッドは会社が回り出す増益システム | 株式会社家族授業

わたしの経営を理解する片腕を育てたいが難しい

  • HOME »
  • わたしの経営を理解する片腕を育てたいが難しい

わたしの経営を理解する片腕を育てたいが難しい

人間関係において大切なことは相手の本質を理解し、相手の強みに焦点を当て、相手を尊重することです。客観視ができれば過度な自己犠牲や自己顕示による自己中心から解き放たれて、自分を健全に生きることができるのです。すべての家族関係が健全になり、そして、今は父親の片腕として生き生きと親子仲良く経営しているのです。

自分のスタイルが分かるとすべての家族関係がみるみる変化、今は父親の片腕として喜びを感じています。そして、売上げも前年比1.5倍になりました。T.S様(42)次期経営者

20150918-05ひるがえって自分を見ると2年前は、離婚をして、一人で実家の前に住むようになり、かといって、一度も家族で食事をすることもなく、スマホの中で流れる他人の人生にいいね!を押しながら、劣等感と寂しさを感じて、必死に自分の穴埋めのために仕事を頑張る日々でした。

その流れが変わったのは、田路さんにビジネスのコンサルをお願いしたからです。

新しい仕事を立ち上げようと思ってもストップするのは、父との関係がうまくいっていなかったことが原因であったり、具体的なアドバイスを元に、日々の仕事を進めようとしても、元にもどるのは母親との交流が自然でなかったところに原因があったりと、一見仕事とは関係がないのでは?と思うような中にこそ、真の原因があって、それを受けての田路さんの具体的なアドバイスは自然と関係性が良くなって、仕事もうまくいくという、嬉しい繰り返しの連続。

その結果父、母、離婚で別れた家族とは、以前とは比べ物にならないほど心の交流を通して仲良くなり、仕事での成果も形として出てきた。最近は私の提案を積極的に受け入れてくれて、父から片腕として認めてくれているようです。

私の求めていた幸せな日々は、スマホの中や遠くにあるのではなく、自分のすぐ側にあったのだ。田路さんのおかげで、私にも幸せを分かち合うミッションが湧いた。これからは、夢に向かって活き活きと生きた叔母のように、いや、それ以上にもっと多くの人に幸せが溢れるようにとなれるでしょう。

家族の関係が回復することによって、自分がしたいことが明らかになる

自分探しと自分が本当にしたいことを探していた彼は、家族の関係が回復すると、真に自分がしたいことがビジョンとなって明らかになったのです。その時の彼の晴れやかな顔は忘れられません。

PAGETOP