ライフステージメソッドは会社が回り出す増益システム | 株式会社家族授業

能力や性格分析だけでは適材適所で人を活かせません!

ピンポイントの能力の診断、性格分析はほとんど何の役にも立ちません。かえって、ゲームのように違いを楽しんだりするだけに終わります。時には分裂的な雰囲気になります。成果を出すために強みを生かす組織をどのように作るかという意思や考え方がまず経営者に必要です。

「マネージメントとは、個人の強みを生産的にする」とマネージメントの正統性の根拠をドラッカーはこのように表現しています。
その理由は以下の通りです。

「仕事が、ドキドキわくわくさせるものでなければ、その社員の強みにあった仕事に変わるも勧める。なぜなら、社員がドキドキわくわくしなければお客もドキドキわくわくしないからである。

社員がドキドキわくわくするのは、強みと役割が適性で成果が出ている状態。それは、
組織のミッションが永続的に進んでいる
計画が適切であることが肝要である
成果を仲間と共に喜びあえる
それは個人も会社も成長している時でもあります。

まずは、会社の社員の仕事力と人間関係力の現状分析をしましょう。
4つのタイプの社員や幹部がいます。会社内での人材の割合を分析してください。

私見ですが、人財の割合で会社のレベルを大まかに区別してみました。

PAGETOP